熱中症に備えよう

お天気っと健康

近年、熱中症による事故をよくニュースで伝えています。熱中症は真夏の暑い日に屋外で運動したり作業をしたりする時に発症するばかりでなく、身体がまだ暑さに慣れていない梅雨の時期にも注意が必要です。屋外ばかりでなく室内でも発症します。正しい知識を身につけ、早めの対策を心がけましょう。

そもそも熱中症って?

身体の体温が上がって、体内の水分や塩分が不足したり、体温の調節機能が正常に働かなくなることで、体温が上がったりめまいや頭痛、嘔吐やけいれなどを起こす症状のことです。重症の場合、亡くなることもありますので十分に注意しましょう。

発症し易い時期はいつ?

熱中症は、夏の暑い日に長時間屋外にいたり、激しい運動をしたりしたときだけ発症するものではありません。まだ身体が暑さに慣れていない春の時期、特に梅雨の晴れ間など急に気温が上がったりした日にも発症する場合があります。また、気温が低めでも湿度が高いと発汗できず、熱中症になったりします。この梅雨の時期から注意すべきでしょう。

また、乳幼児や高齢者は熱中症を起こし易いと言われています。暑い日や湿度の高い日には屋外ばかりでなく室内でも特に気をつけましょう。

乳幼児は大人よりも新陳代謝が活発で体温が高いのですが、体温調節の機能が未発達のため、うまくコントロールできません。また、屋外などは地面に近いほど気温が高く、大人よりも高温の環境にさらされるため注意が必要です。高齢者は、体内の水分の割合も少なくなり、さらに暑さや渇きを感じにくくなります。そのため高齢者は熱中症になりやすいのです。

熱中症の症状

気温や湿度が高い屋外や室内で、立ちくらみや体に力が入らなくなったり、ぐったりしたりけいれんしたりした場合は熱中症の可能性があります。特に歩けなかったり、汗をかいていないのに体が熱かったり、嘔吐や意識障害などの症状は重症化の可能性がありますので、すぐに救急車を呼びましょう。

発症時の対処方法

症状が軽い場合は…

  • 涼しい場所に移し横にさせる
  • 汗をかいた衣服を取り替える
  • 首筋や脇の下、内ももを冷やす
  • 水分や塩分を補給する

重症の疑いが少しでもあれば…

  • 上記の対処方法を素早く実施し
  • 救急車を呼ぶ
  • いち早く医療機関に行く

早め早めの判断と対処、行動が大事です。

環境省の「熱中症予防情報サイト」も参考にして熱中症対策をお願いします。

(http://www.wbgt.env.go.jp/doc_prevention.php):熱中症予防情報サイト

出典:環境省ホームページ

梅雨の時期に気をつけたい気圧配置

梅雨の中休みの強い日差しと急な気温上昇が、梅雨の時期に熱中症になり易いタイミングです。梅雨前線上の低気圧に太平洋高気圧から暖かく湿った空気が流れ込みます。低気圧の南側は気温が上がり易くなりますので、予想天気図からも熱中症対策を事前に始めらます。

出典:気象庁ホームページ(一部加工しました)

(http://www.jma.go.jp/jp/g3/)

 

熱中症には、早めの予防と対策が必要です。普段からの注意と準備がきっと役に立つと思います。

熱中症への備えができましたら是非、空を見上げてみてください。きっと思いは届くはずです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました