日差しが強くて風が弱い日は光化学スモッグに注意しましょう

お天気っと健康

「7月18日」は日本で初めて光化学スモッグ」が出現した日です。1970年東京都杉並区の中学校での健康被害が最初でした。

そもそも光化学スモッグって

大気が汚染物質で覆われ、視界が悪くなる状況をスモッグと言います。その中で「光化学オキシダント」という物質に覆われた状況を特に「光化学スモッグ」と呼びます。

では「光化学オキシダント」とはなんでしょうか。PM2.5でも紹介しましたが、自動車の排気ガスや工場で石炭を燃やすことより出るすすなどに含まれる微粒子(窒素酸化物や炭化水素)強い紫外線によって光化学反応を起こしオゾン」などの有害物質に変化したものを言います。

光化学スモッグは怖い?

日本では健康被害が顕著になったので、排気ガスや工場排出規制が強化され、1970年代をピークに光化学スモッグは減少傾向にあります。

ただ、夏の暑い日には都市部を中心に出現し「光化学スモッグ注意報」が発表されることがあります。

最近では中国大陸からの「PM2.5」などの飛来で、再び出現が増加している都市も出てきています。

オゾンなどの「光化学オキシダント」は人体に色々な影響を与えます。

  • 目がチカチカする、目が痛む、涙が出る、目に異物感がある
  • 喉が痛む、咳が出る
  • 皮膚に発心が出る
  • (重症化すると)息が苦しくなる、めまいや頭痛がする、手足がしびれる

などが危惧されています。

「『光化学スモッグ注意報』が出ても、すぐに健康被害が出る訳ではありませんが、小さなお子さんや高齢者がいるご家庭は気をつけましょう」

光化学スモッグ対策

「光化学スモッグ注意報」が発表されたらもちろん、暑くて風が弱い日に「空気が汚れているかも?」と感じたら注意が必要です。「光化学オキシダント」は一般的なマスクが効かないのです。

  • 不要な外出は控えましょう
  • 窓を閉めて静かに過ごしましょう

外出していて「光化学スモッグ注意報」が発表されたら

  • 運動を控えて屋内に移動しましょう
  • 洗眼やうがい、シャワーなどで有害物質を洗い流しましょう

光化学スモッグが出易い天気は?

前述しましたが、光化学スモッグが出易い天気は「日差しが強くて暑く風が弱い日」です。梅雨の終わり頃から、30度を超える「真夏日」が増えてきます。35度を超える「猛暑日」も多くなってきますが、そのような日は日差しが強いものです。さらに風が弱く空気が淀んでいる日が要注意です。空気中の有害物質の量にもよりますが、これからの暑い季節は特に注意しましょう。

出典:気象庁ホームページ(一部加工しました)

注意が必要な天気の場合は、全国の大気汚染状況について24時間情報提供している環境省大気汚染物質広域監視システム「そらまめ君で、あなたのお住まいの地域を確認しましょう。

出典:環境省ホームページ

 

普段の生活の中で最新の情報を常に確認しておきましょう。快適な生活が送れると思います。空気が澄んで気持ちの良い日になりましたら是非、空を見上げてみてください。きっと思いは届くはずです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました