2017年7月22日〜23日の秋田豪雨の考察

お天気っと?

2017年7月22日~23日の秋田豪雨において被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

豪雨の状況

7月22日夜から23日にかけて秋田県大仙市を中心に豪雨に見舞われました。北陸沖から東北に延びる梅雨前線の影響で記録的な大雨となり、雄物川など複数の河川が氾濫してしまいました。

気象庁からは、由利本荘市北部付近で22日19:00-20:00の1時間雨量が約100mmという「記録的短時間大雨情報」が出されました。24時間雨量では秋田空港で22日9:30-23日9:30が348mm、横手市で22日12:30-23日12:30が311mmとなったと発表されました。

なぜ豪雨になったか

色々な条件が重なりました。梅雨末期特有の梅雨前線上に発生する低気圧が通過したこと、太平洋高気圧を回ってくる南寄りの湿った風が強く吹き込んだこと、上空の寒気が秋田県付近まで南下したこと、等々。

(天気図)

出典:気象庁ホームページ(一部加工しました)

(高層天気図)

出典:気象庁ホームページ(一部加工しました)

 

時間雨量100mmの豪雨となったり、24時間雨量が300mmを越えたりすることは東北地方北部では、これまであまり想像できませんでした。ここ20~30年の間でも随分変動したと感じています。

しょうたろうの個人的な考えですが、やはり地球温暖化の影響が現れ始めているのではないかと思います。

現在の予報技術では時間や場所を1日前から予測すること、雨がどれ位降るのか量的に予測することがまだ不十分なのです。でもこの分野の研究も進んでいますので、近い将来、より精度の高い予測技術が確立されると思います。

これから気をつけたいこと

「荒天になりましたら、これまでの経験値や常識を超える災害になる可能性があるということを忘れないでいてほしいです」

気象庁や自治体もそのような傾向に基づいて情報を発信してくれますので、最新の情報に常に気を配って頂きたいと思います。

 

しょうたろうも一気象人として、少しでもお役に立てるよう取り組んでいきたいと思っています。一人でも被災される方が減ることが何よりの糧になりますので。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました