夏の危険生物「スズメバチ」は猛暑が大好き?

お天気っと健康

夏の危険生物「スズメバチ」

スズメバチも生活圏に潜んでいる危険生物でしょう。夏休みのレジャーで山野に出掛ける時はもちろん近くの森や薮にも生息している場合がありますので注意が必要です。

スズメバチの生活圏が拡大した?

最近、スズメバチが都市部まで巣を作るようになり、被害が拡大したとニュースなどで伝えられることが多くなりました。実はこれは逆で、丘陵地の住宅地化によってスズメバチの生息域に人が入り込んできたことだと言われています。

スズメバチが活発な訳

この時期猛暑が続いていますが、猛暑はスズメバチが活発になると言われています。その理由として

  • 幼虫が活発に動くため水分や養分を普段以上に必要になる
  • 暑いのでスズメバチもイライラする
  • 暑くなる時期が早くなり攻撃的になる交尾の時期が長期間になる

などが挙げられます。

 

スズメバチに刺されないために

スズメバチに刺されないためには

  • スズメバチを見つけたら興奮させないように気をつけてゆっくりと遠ざかる
  • 手や棒で振り払わない
  • 黒い衣服や頭を出来るだけ隠す
  • 汗や香水などキツい匂いを出さない

などです。手や棒などの細いものを振り回すとスズメバチは自分たちを攻撃してきたと判断します。黒いものやキツい匂いは巣を襲う「クマ」をイメージするため、過敏に反応して襲ってきます。

刺されたらどう対処すれば良いか

1.出来るだけ早く毒を絞り出す

…体内に入る量で症状が大きく変わります。出来るだけ早く絞り出しましょう。ただ、口で吸い出すのはNGです。口の中の傷や虫歯から毒が入ってしまします。絞る器具があれば一番良いですが、なければ患部をつねって絞り出しましょう。

2.よく水で洗い流して冷やす

…よく水で洗い流します。スズメバチの毒は体内で作用するばかりでなく、その臭いで仲間に敵であることを教える役目があります。マーキングと呼ばれ次々に襲われる可能性がありますので早めに対処しましょう。その後は患部をよく冷やして毒の回りを遅くします。

3.薬を塗り早めに病院に行く

虫刺されの薬(副腎皮質ホルモン含有の抗ヒスタミン剤)を塗ります。その後は病院に行きましょう。30分程度でアレルギー反応が出る場合もあります。じんましんや吐き気、全身のしびれや動悸などが出たら急ぎましょう。

アレルギー反応が出なかった場合でも通院しましょう。抗体検査を実施して陽性であれば免疫治療が必要です。これは2回目に刺された場合に「アナフィラキシーショック」という急激なアレルギー反応が起きるためです。死亡事故も起きていますので注意しましょう。

 

夏休みは山野に出掛けたいものです。予防と対処方法をしっかり身につけて楽しいお時間になるよう心掛けて下さいね。

楽しい夏の思い出が出来ましたら是非、空を見上げてみてください。きっと思いは届くはずです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました