東北地方北部も初雪

お天気っと?

冬型の気圧配置

今日11月16日、日本付近は冬型の気圧配置となりました。地上で雪の目安となる「上空1500m付近でマイナス6℃以下の寒気」が東北地方北部まで南下してきました。

(2017年11月16日12時の天気図)

出典:気象庁ホームページ(一部加工しました)

 

高層天気図を見ると、マイナス6℃の等温線が、山形県~岩手県を横切っています。※高層天気図の青色の網掛けの部分

(2017年11月16日9:00の高層天気図:上空1,500m付近の気温)

出典:気象庁ホームページ(一部加工しました)

 

この寒気の影響で、東北地方北部の都市、青森市、秋田市、盛岡市、山形市で初雪を観測しました。東北地方も冬支度ですね。

週末の天気

週末、11月17日(土)は日本海と太平洋側から低気圧が近づき、日本列島を東進します。この影響で全国的に雨の1日となりそうです。

(2017年11月18日9:00の予想天気図)

出典:気象庁ホームページ

 

11月19日(日)は低気圧が日本の東海上で発達し、強い冬型になります。今日よりも更に強い寒気が流れ込み、マイナス6℃以下の寒気が山陰地方まで南下すると予想されています。日本海側の方は初雪に備えましょう。滑って転倒したりしないよう注意して下さいね。北日本日本海側では風が非常に強まります。北海道や東北地方の日本海側の方は暴風雪に注意して下さい。

(2017年11月19日9:00の予想天気図)

出典:気象庁ホームページ

 

日曜日、北海道・東北地方北部では大荒れの天気となりそうです。暴風雪の可能性もありますので、万全な準備と心構えで事故などに気をつけて下さい。

 

 

雪が降ってきましたら是非、空を見上げてみてください。冬の始まりもきっと思いは届くはずです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました