大雪の後は足元にご注意を!

お天気っと健康

関東の大雪

1月21日~22日にかけて東進した「南岸低気圧」の影響で、関東を中心に大雪になりました。1月22日18時現在の積雪量は下記の通りです。

東京都千代田区 13cm

神奈川県横浜市 10cm

千葉県千葉市 1cm

埼玉県熊谷市 11cm

※さいたま市アメダスには積雪深計がないため熊谷市のデータです。

茨城県水戸市 10cm

栃木県宇都宮市 11cm

群馬県前橋市 16cm

(2018年1月22日18:00の天気図)

1月22日18:00の南岸低気圧は静岡県の南に有ります。関東地方には更に雪を降らせることになるでしょう。

出典:気象庁ホームページ


(1月23日追記)

昨晩から更に積雪量が増えました。ピークの積雪量は下記の通りです。

東京都千代田区 23cm

神奈川県横浜市 18cm

千葉県千葉市 10cm

埼玉県熊谷市 19cm

茨城県水戸市 19cm

栃木県宇都宮市 27cm

群馬県前橋市 29cm


南岸低気圧のその後

南岸低気圧が東北地方の東海上からオホーツク海に抜けると、低気圧は更に発達し「西高東低」冬型の天気になります。大雪となった関東地方は晴れますが、変わって北陸地方や北日本の日本海側が大荒れの天気となる予想です。大陸からは寒気も降りて来て日本列島はより寒くなります。

(2018年1月24日9:00の予想天気図)

出典:気象庁ホームページ

 

(2018年1月24日9:00の上空1,500mの気温分布予想)

水色:-6℃ 青色:-12℃

1月24日の上空の気温分布を見ると、寒気の南下がよく分かります。地上で雪になる目安のマイナス6℃以下の寒気が日本列島をすっぽり覆っています。

出典:気象庁ホームページ(一部、加工しました)

大雪の翌日・翌々日

大雪の後、翌日の朝は路面の雪が凍りつき、滑りやすくなります。上記の通り、翌々日(1月24日)も関東地方を含め、全国的に冷え込みが厳しくなりますので、残雪や解けた雪が凍りつく可能性があります。


東京消防庁のデータから、転倒による救急搬送が多く発生した2006年1月の事例を見てみますと

【搬送者数(2006年1月)】

21日: 61人 ※雪の降った日

22日:116人

23日: 70人

と、雪の降った当日よりも翌日、翌々日の方が転倒事故が多くなっています。


大雪の降った翌日はもちろん、翌々日も路面が凍結する恐れがあります。移動の際には足元に注意して、転倒事故に遭わないようにしましょう。残雪の白い部分ばかりでなく、雪が解けて濡れているような個所も凍結している可能性があります。慎重に歩いて下さいね。

 

「大雪の翌日・翌々日は足元注意!」を認識して予防ができましたら是非、空を見上げてみてください。きっと思いは届くはずです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました