【お子さんのためにも必見】熱中症対策には「暑さ指数」を有効に活用して、酷暑を乗り切りましょう。

お天気っと健康

7月は気象庁が「異常気象」と認める程の暑さでした。8月に入っても35を超える「猛暑日」が続いていますね。連日3839を超える日となっている地域もあります。埼玉県熊谷市で全国歴代1位の最高気温41.1℃(7月23日)を記録したり、東京都青梅市で40.8℃(同じく7月23日)と東京都で初めて40℃超えを記録したりと異常な厚さとなっています。

現在は、35を超える「猛暑日」の更に上位の呼び方は有りませんが、しょうたろうは「酷暑」と呼んでいます。日陰にいてもまとわりつくような熱気と高温によって「熱中症」を発症する可能性が高まるからです。高齢者の方や小さなお子さんは特に注意が必要です。お住いの地域の気象情報をこまめに確認して、「酷暑」を乗り切りましょう。

「熱中症」の危険度を表す指標の一つに「環境省」から発表されている暑さ指数」という数値があります。気温と同じ「℃」で表しますが、気温だけでなく湿度や輻射熱(後述)という、身体に影響のあるデータを加味して計算されます。「熱中症」の危険度を測るために有効な数値ですので、是非活用して頂き、予防に努めるようにお願い致します。

「暑さ指数」とは

「暑さ指数」(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 日本では環境省が環境省熱中症予防情報サイトから「暑さ指数」を発信しています。

人の熱バランスに影響の大きい「気温」「湿度」「輻射熱(※1)」のの3つを取り入れた「温度の指標」です。

「暑さ指数」気温:湿度:輻射熱=1:7:2

と気温、輻射熱より、湿度が重要な要素になっています。もちろん気温が高いことはとても重量です。その上、湿度が高いと汗が蒸発しにくくなり身体から熱を放出する能力が減少してしまいます。その結果、より熱中症になりやすくなってしまうのです。この「熱中症になってしまう危険度」を気温だけでなく、その他の要因を含めて捉えようとするのが「暑さ指数」なのです。

※1:輻射熱とは、地面や建物・身体から出る熱で、温度が高い物からはたくさん出ます。

「暑さ指数」のデータについて

「暑さ指数」の予測値と現在の「暑さ指数」の推計値(実況推定値)は、気象庁の資料に基づいて独自の方法で算出していますので、実際の値とは若干異なることがあります。また、住宅やオフィス街、道路上や公園内等、立地条件によっても値は若干異なると考えられますのでご注意ください。

≫計算に用いる気象庁のデータについて

気象庁で行なっている観測は、観測データの品質を向上させるため「露場(ろじょう)と呼ばれる場所で行われています。観測装置を周囲の人工物の影響を受けないよう配慮した場所に設置することによって安定した環境で観測することができるからです。地面からの熱を避けるため芝生の上に設置し、太陽などの放射熱を遮り、秒速5m程度の強制通風条件のもとで観測しています。

≫実際の生活環境では

「暑さ指数」は、前述の通り観測データ品質を上げるために「環境の良い」場所で観測した気象庁のデーターを使っています。実際の生活環境は、住宅地やオフィス街で風通しが悪かったり、道路や公園のアスファルトなど地面からの輻射熱が大きかったりと、より「過酷な状況」と思って頂いた方が良いでしょう。また、お子さんのように身長が低く地面に近いと更に「暑さ指数」が高い状況になりますので、注意して下さい。

アスファルトの影響

アスファルトの表面は、朝から昼頃の時間帯は、通常の暑さ指数とほぼ同程度となります。しかし、アスファルトが温まる午後からは通常の暑さ指数よりも高くなり、夜遅くまで暑さ指数が高い状態が続く傾向があります。

日中のアスファルト舗装面はかなり高温となるため、地面からの輻射熱が大きくなり、また、日射などを遮るものが少ないので、お子さんの体感温度はさらに高くなります。

住宅地周辺の影響

周囲に建物が多く、風通しがあまり良くない場所です。日中の気温が上がりやすく、暑さ指数は通常の暑さ指数よりも大きくなる傾向にあります。密集した住宅地では、一般に風通しが弱く、夜半頃までなかなか気温が下がりません。住宅地では、未明から早朝の涼しい時間に、部屋の空気を入れ替え、少しでも室温を下げることが大切です。ただ、今年の酷暑は未明から早朝でも気温が下がらず、25℃を下回らない「熱帯夜」が続いていますね。エアコンをこまめに使って室温調節を第一に考えるようにお願いします。

温室内の影響

近年、温室などでの作業中に熱中症の発生が多くなっています。温室内の「暑さ指数」は、日の出とともに急上昇し、通常の暑さ指数よりも1~2時間早く危険な状態になります。また、日中は2程度「暑さ指数」が高い環境にあり、日没後も高い状態が続きます。温室内では早朝でも屋外での作業に比べ暑くなりやすいことに注意して温度が上昇してきたら早めに作業を切り上げることが重要です。

体育館の影響

「暑さ指数」を体育館内と通常の「暑さ指数」で比較すると、午後1時頃から体育館内の方が高くなり、午後56時頃にその差が最大なりました。また、日没後も午後10時頃まで体育館内の「暑さ指数」が高くなりました。体育館内では通常は風がないこと、建物が鉄骨や金属屋根などで造られていて熱をためやすい構造にあることから、その利用にあたっては、夕方であっても十分な換気を行うこと、可能であれば冷房や扇風機を使って体育館内を冷やすことが重要です。

子どもへの影響

日中の強い日射により地表面はかなり高温になります。子どもを想定した50cmの高さでは大人の高さの150cmに比べ、「暑さ指数」は平均して0.10.3高くなります。風が弱く、日射が強いときには2℃程度高くなった事例もありました。また、子どもの高さ50cmでは大人の高さの150cmに比べ、地表面の影響を受けやすいため、体感温度はさらに高くなります。地表面からの反射光の遮光や熱がこもりにくい服装や給水など、大人以上にお子さんが熱中症にならないような対策を早めに実施してあげることが重要です。

暑さ指数の使い方

「暑さ指数」は労働環境や運動環境の指針として有効であると認められ、ISO等で国際的に規格化されています。 (公財)日本体育協会では「熱中症予防運動指針」、日本生気象学会では「日常生活に関する指針」を下記のとおり公表しています。この指針をしっかり覚えておいてください。

≫日常生活に関する指針

日本生気象学会「日常生活における熱中症予防指針Ver.3」(2013)より

≫運動に関する指針

(公財)日本体育協会「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」(2013)より

「暑さ指数」の予測値【201887日~88日】

環境省から発信されている「暑さ指数」を分かりやすくお伝えします。

日本の主要都市、下記11地点の「暑さ指数」をパネル形式で表します。

札幌、仙台、新潟、東京、名古屋、大阪、広島、高知、福岡、鹿児島、那覇


≫札幌


【8月7日

暑さ指数:24℃

予想最高気温:27℃


【8月8日】

暑さ指数:24℃

予想最高気温:26℃


≫仙台


【8月7日】

暑さ指数:22℃

予想最高気温:24℃


【8月8日】

 

暑さ指数:26℃

予想最高気温:27℃


≫新潟


【8月7日】

暑さ指数:28℃

予想最高気温:31℃


【8月8日】

暑さ指数:30℃

予想最高気温:33℃


≫東京


【8月7日】

暑さ指数:29℃

予想最高気温:30℃


【8月8日】

暑さ指数:27℃

予想最高気温:28℃


≫名古屋


【8月7日】

暑さ指数:32℃

予想最高気温:35℃


【8月8日】

暑さ指数:35℃

予想最高気温:39℃


≫大阪


【8月7日】

暑さ指数:30℃

予想最高気温:36℃


【8月8日】

暑さ指数:32℃

予想最高気温:36℃


≫広島


【8月7日】

暑さ指数:34℃

予想最高気温:36℃


【8月8日】

暑さ指数:33℃

予想最高気温:35℃


≫高知


【8月7日】

暑さ指数:32℃

予想最高気温:36℃


【8月8日】

暑さ指数:32℃

予想最高気温:36℃


≫福岡


【8月7日】

暑さ指数:31℃

予想最高気温:34℃


【8月8日】

暑さ指数:29℃

予想最高気温:32℃


≫鹿児島


【8月7日】

暑さ指数:31℃

予想最高気温:35℃


【8月8日】

暑さ指数:32℃

予想最高気温:35℃


≫那覇


【8月7日】

暑さ指数:30℃

予想最高気温:32℃


【8月8日】

暑さ指数:31℃

予想最高気温:32℃


8月もまだまだ「猛暑」「酷暑」が続きます。「暑さ指数」や気象情報をこまめに確認して「熱中症」予防に努めて下さいね。

「酷暑」の日でも、1日無事に過ごせましたら是非、空を見上げてみてください。きっと思いは届くはずです。

出典:環境省熱中症予防情報サイト


コメント

タイトルとURLをコピーしました