【頭痛はお天気のせいかも?】台風や低気圧がもたらす「気象病」は事前チェックと対策が大事!

お天気っと健康

「季節の変わり目は風邪を引く」「天気が下り坂だと頭痛がする」「台風が近づくと関節が痛い」「雨の日はめまいがする」など、体調と気象の関係は昔から言われてきました。このような症状を今日では「気象病」と呼んでいます。明確な痛みがなくても、天気が悪い時に身体がだるかったり気分が落ち込んだりしたことはありませんか?灰色の空で気が滅入ってしまうのは「気分」の問題ではなく「気象病」かも知れません。

自分の身体と気象情報をチェックして、少しでも痛みが和らぐように対策しましょう。

 

気象病って?

≫気象病の症状

空模様が怪しくなったり雨が降り出したり、台風が近づいたりした時、頭痛やめまいなどの症状になる場合があります。そのような気象の変化によって症状が出るものを総称して「気象病」と言います。

  • 膝が痛くなる
  • 頭痛がする
  • じんましん
  • むくみ   

まだまだ発症の原因は不明のようですが、気圧が下がる時に発症することが多いと言われています。最近では「耳の奥(内耳)にある『気圧センサー』からの情報に身体がついていけないことが原因」との研究結果が報告されています。内耳は身体の平衡感覚をコントロールする器官ですが、気圧の変化を感知するセンサーを持っているそうです。そのセンサーからの気圧の情報によって脳が混乱してしまうというのです。脳の混乱によって自律神経がストレス反応を引き起こし、めまいや頭痛、関節の痛みなどの症状として現れます。

≫気象の変化と気象病

人は知らないうちに気圧の影響を受けています。トンネルの中や山の上に行くと耳が嫌な感じになりますよね。急激な変化なら感じられるのですが、普段の生活で気圧の変化はなかなか気付かないですよね。その気付かない気圧の変化(低下)から脳が混乱し、自律神経のパランスが悪くなります。そこからくるストレスが様々な痛みを引き起こすことになります。また、気圧が下がることで身体にかかる圧力が減り、血管が膨張しやすくなったりすることも「気象病」の原因の一つと言われています。

気象病にはどう対処すれば良いの?

気象情報のチェック

「下り坂」とは、これから天気が悪くなってくる時の表現です。晴れから曇りそして雨になる予報の際に用いられる気象用語です。天気が悪くなる(下り坂)=低気圧や低気圧から伸びる前線が近づく→気圧が下がる→痛む。少々強引ですが「下り坂」は「気象病」の備えるための目安になるでしょう。

東北・北海道地方は、日本海から近づく低気圧による影響が出始めるタイミング、西日本や東日本は低気圧から延びる寒冷前線や秋雨前線近づくタイミングが要注意です。先日は台風24号が日本列島を縦断しました。次の台風25号も日本に近づく可能性もあります。防災を心掛けるとともに気圧の低下にも備えましょう。

本日10月2日は概ね安定した天気でした。ただ、北海道の東にある低気圧の影響で北海道東部は雲の多い日となりました。北に行くほど気圧は低い傾向に有りました。

(2018年10月2日9:00の天気図)

出典:気象庁ホームページ(一部加工しました)

≫台風24号の気圧(おさらい)

普段は1,000hPaが標準的な気圧です。20~30hPaほど急激に低下すれば、自律神経に相当なストレスがかかることでしょう。9月末から10月1日にかけて日本列島を駆け抜けた台風24号の気圧の低下を確認すると、ピーク時はなんと915hPa!!西日本から東日本を縦断した9月30日(日)でも950hPaも有りました。「気象病」を感じた方も沢山いたのではないでしょうか。

出典:デジタル台風:2018年シーズンの台風履歴

≫気象病対策

身体にストレスを受けることが原因の一つと言われていますので「十分な睡眠時間や正しい食生活のなど規則正しい生活を送る」ことが主な対処法です。自律神経を整えるために適度な運動も効果的でしょう。

夜更かししない、食べ過ぎない、イライラしない。ストレスを溜めないなど、普段から心掛けるべきことですが、天気予報が「下り坂」の予報の際には、特に気を配りましょう。

台風などの急な気圧変化が予想されたら「酔い止め薬」が効果的です。車酔いも内耳からの情報で脳が混乱してしまうものなので「気象病」と同じ症状だからです。頭痛や関節痛の痛みで苦しんでいる方で「気象病」では?と感じる方であれば、頭痛薬などの鎮痛剤ばかりでなく「酔い止め薬」を試してみるのも良いかも知れません。

 

備えあれば憂いなし。痛みが和らぎますように。

和らぎましたら是非、空を見上げてみてください。きっと青空が広がっているでしょう。思いはきっと届くはずです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました