【今週末は「冬型」→「南岸低気圧」の気圧配置】1/5(土)・1/6(日):前半は日本海側で雪か雨、後半は太平洋側で雲が広がりにわか雨のところもあるでしょう

お天気っと?

1月5日(土)は西高東低「冬型」の気圧配置になり、北日本から西日本の日本海側では雪や雨のぐずついた天気となるでしょう。北海道や東北地方では風が強まり吹雪となる見込みです。北陸より西では気温が高めのため雨の見込みです。太平洋側では東日本では概ね晴れ、西日本では南を通る低気圧の影響で雲が広がり易く九州や四国では雨となるところもありそうです。

1月6日(日)は北日本は「冬型」が続き雪や雨となりますが「冬型」の気圧配置は次第に緩んできくる見込みです。雪や雨も次第に止んでくるでしょう。太平洋側は南海上を通過する南岸低気圧の影響で雲が広がり弱い雨となるところもあるでしょう。

1月6日(日)は2016年3月以来3年ぶりの部分日食です。日本全国で見られます。雲が広がり易いですが晴れ間も多く、どこの地域でも見られる可能性があります。冬の晴れ間を期待しましょう。

週末の天気

≫1月5日(土)の天気概況

北日本は西高東低「冬型」の気圧配置となります。北海道・東北地方の日本海側では雪となるでしょう。風が強くなるため吹雪となるところもあるでしょう。昼間でも視界が悪くなる「ホワイトアウト」となる地域も出てきます。衝突や立ち往生などの交通障害、除雪時の落雪・連絡事故などに十分に警戒して下さい。風が強いため雪雲の一部は太平洋側にも流れ込むでしょう。仙台や福島でもにわか雪やにわか雨の可能性があります。

東日本は「冬型」の気圧配置となるため、北陸地方など日本海側、関東甲信越や東海地方の山岳地域では雪や雨の見込みです。気温が高いため平野部では降り始めは雨の見込みですが、気温低下とともに次第に雪に変わるでしょう。関東や東海痴呆の太平洋側では冬晴れのカラッとした青空が広がる見込みです。

西日本も「冬型」の気圧配置となるため、近畿北部や山陰・九州北部では雨や雪となるでしょう。太平洋側では南を通過する低気圧の影響で雲が広がり易く、九州南部や四国地方ではにわか雨となるところもあるでしょう。

沖縄・奄美地方は気圧の谷の影響でぐずついた天気となる見込みです。雲が広がり易く雨が降ったり止んだりのあいにくの天気となりそうです。

(2019年1月5日(土)9:00の予想天気図)

出典:気象庁ホームページ(一部加工しました)

≫1月6日(日)の天気概況

北日本は西高東低「冬型」の気圧配置が続きますが、次第に緩んでくる見込みです。雪や雨の降り易い状況は続くもののピークは過ぎますので、止むところも出てくるでしょう。太平洋側では日が差すところもあるでしょう。

東日本は大陸から近づいてくる高気圧の影響で「冬型」は緩み、日本海側や山岳地域の雪や雨も止む見込です。太平洋側では南の海上を東進する南岸低気圧の影響で雲が広がり易く関東や東海地方の一部で雨となるでしょう。土曜日に比べて気温も低くなる予想です。「気温差」にも気を付けましょう。

西日本も「冬型」が緩むため、日本海側の雪や雨も次第に止んでくるでしょう。太平洋側でも張り出してくる高気圧の影響で広がっていた雲も次第にに取れて晴れ間が見えるようになる見込です。

沖縄・奄美地方は気圧の谷が残り、引き続き雲が広がり易いでしょう。ところによってにわか雨もあるでしょう。

(2019年1月6日(日)9:00の予想天気図)

出典:気象庁ホームページ(一部加工しました)

各地の天気

主要11都市の1月5日(土)、6日(日)の天気予想をまとめました。天気概況でもお知らせしましたが、日本海側は「冬型」の気圧配置で雪や雨のぐずついた天気が続き、太平洋側では南岸低気圧の影響で雲が広がり易い状況です。

また、各都市の1月4日(金)の最高気温/最適気温と週末の気温予想を比較できるようにグラフにしました。1月4日(金)の気温傾向(平年並みかどうか)も確認できるようになっています。金曜日の体感した気温を基に、週末の気温予想をチェックしてみて下さいね。

≫札幌

■天気予想

…1月5日(土):雪時々止む

…1月6日(日):

 

■気温予想

≫仙台

■天気予想

…1月5日(土):曇のち晴

…1月6日(日):晴のち曇

 

■気温予想

≫新潟

■天気予想

…1月5日(土):風雪強い

…1月6日(日):曇のち雪か雨

 

■気温予想

≫東京

■天気予想

…1月5日(土):

…1月6日(日):曇時々晴

 

■気温予想

 

≫名古屋

■天気予想

…1月5日(土):曇のち晴

…1月6日(日):曇時々晴

 

■気温予想

≫大阪

■天気予想

…1月5日(土):曇のち時々晴

…1月6日(日):

 

■気温予想

≫広島

■天気予想

…1月5日(土):曇時々晴

…1月6日(日):

 

■気温予想

≫高知

■天気予想

…1月5日(土):曇のち晴

 

…1月6日(日):曇時々晴

 

■気温予想

 

 

≫福岡

■天気予想

…1月5日(土):曇一時雨

…1月6日(日):

 

■気温予想

≫鹿児島

■天気予想

…1月5日(土):曇一時雨

…1月6日(日):曇時々晴

 

■気温予想

≫那覇

■天気予想

…1月5日(土):曇時々雨

…1月6日(日):曇一時雨

 

■気温予想

天体ショー

≫部分日食

2019年は早々に天体ショーが見られます。2016年3月以来3年ぶりの「部分日食」です。全国で見られます。朝8時台から欠け始め11時台に終わるまでの約3時間です。最大食は約40%程度まで欠けますので、晴れていればしっかり観測できるでしょう。ご家族で楽しんで下さいね。

(1月6日(日)部分日食:東京での見え方)

出典:国立天文台ホームページ

 

【危険!!注意してください】太陽は、たいへん強い光と熱を出している天体です。肉眼で直接太陽を見ると、たとえ短い時間であっても目を痛めてしまいます。太陽がどんなに欠けていても光と熱が強烈であることは変わりません。安全な方法で観察しなければ、最悪の場合失明する危険性があります。日食グラスなど専用の観察器具を正しく使うなど、安全な方法で日食を観察してください。

≫主要都市の見え方

■札幌

 

■仙台

 

■東京

 

■京都

 

■福岡

 

■那覇

出典:国立天文台ホームページ

 

この週末は北日本は日本海側でぐずついた天気となりますが、その他の地域は土曜日・日曜日とも雲の多いところはありますが概ね晴れの良い天気になるでしょう。日食も楽しめると良いですね。気温は全国的に平年並みですが、朝晩冷えるところもありますので注意しましょう。

 

素敵な1日を過ごされましたら是非、空を見上げてみて下さい。きっと思いは届くはずです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました