【お天気の不思議:秋の空はなぜ高くて綺麗なの?】心が洗われる素敵な青空になる4つの理由

お天気っと?

秋が深まってきました。紅葉も関東地方や甲信越の山々でも見頃になってきていますね。秋は綺麗な景色が広がり心も身体も癒される季節です。お出掛けしたい気持ちにもなりますね。その綺麗な景色を彩るのが、高く素敵な「秋の空」でしょう。では、秋の空はなぜ高くて素敵なのでしょうか?

しょうたろうです。

秋の空って、高く澄んだ青空ですよね。他の季節より素敵なのはちゃんと理由がありました。

理由その1:「澄んだ空気が覆うため」

≫天高く馬肥ゆる秋

秋のことわざに「天高く馬肥ゆる秋」というものがあります。秋の空は高く澄み渡り、馬も食欲旺盛で良く食べ丸々太るという意味で、爽やかな秋の季節を表現しています。このことわざの通り、秋は澄んだ空気が広がる季節です。「透明度」のある空気が覆うために綺麗な「秋の空」になります。

(秋の空)

≫大陸からの高気圧

晴れる時は高気圧に覆われます。この高気圧の性質によって「透明度」が異なってきます。

夏の高気圧は「太平洋高気圧」で、暑くジメジメしています。空気中には、大量の水分(水滴)と海面から飛ぶ粒子(海塩物質)が沢山含まれます。この水滴や粒子は粒が大きいため、様々な色(波長)が合わさっている太陽の光をそのまま反射します。そのために夏の空は白っぽく見えてしまいます。

(夏の天気図)

出典:気象庁ホームページ(一部加工しました)

 

一方、秋の高気圧は中国大陸からの「移動性高気圧」です。涼しくて乾燥しているため、水滴や塵などの大きな粒が少なく、波長の短い紫色や青色の光を反射する空気の分子によって「空の青色」が際立ちます。

(秋の天気図)

出典:気象庁ホームページ(一部加工しました)

≫春との違い

そういえば、春の高気圧も中国大陸からの「移動性高気圧」です。春も気持ちの良い天気になりますが「春霞」という言葉があるように澄んだイメージではありませんね。

その理由は、雪や氷が解け出し、植物や木々の葉がこれから育つ時期であまり生えていないため、土や埃が舞いやすく空気中に漂う水滴や塵が増えるからです。水滴や塵のような大きな粒が増えることによって、夏の時期と同じように白い太陽の光をそのまま反射するので霞んでしまいます。

(春の空「春霞」)

理由その2:「埃が漂いにくいため」

≫夏の空

夏の空が白っぽく見えるのは、大きな粒が多く飛んでいることが理由の一つでしたが、更に白っぽさが増す理由として「上昇気流」があります。飛んでいる水滴や海塩物質、塵などを暑い夏の日差しで発生する上昇気流によって、上空高く運びます。高い層までいっぱいになった粒の影響で、より白っぽく見えるようになります。

(夏の空)

≫春と比べたら

春は夏ほど上昇気流が発達しませんが、雪や氷が解けたばかりで空気中に土や埃が舞い上がり易いです中国大陸からの「黄砂」も同じ理由で、春に多くなります。

春に比べて秋は、夏の間に生い茂った草木で土や埃が舞いにくくなっています。また、夏より日差しが弱いため上昇気流が弱く、低い層にしか土や埃が漂っていない状況になります。そのため、秋は「空気が澄んだ空」になります。

(秋の夕暮れ)

理由その3:「高い所の雲が広がるため」

≫女心と秋の空

秋のことわざに「女心と秋の空」というものがあります。男性に対する女性の愛情は秋の空模様のように変わりやすいという意味です。女性の愛情が変わりやすいかは人それぞれだと思いますが、このことわざの通り、秋は移動性高気圧と低気圧が交互にやってくるので天気の移り変わりが激しくなる季節です。

近づいてくる低気圧から伸びる温暖前線は、上空に「巻雲」「巻積雲」「絹層雲」などを作り出します。「イワシ雲」「うろこ雲」「ひつじ雲」と呼ばれるこれらの雲は、秋の雲として空の高い位置に見えるのが特徴です。高い雲が広がっていることから、目から入る情報として「高い空」と認識します。

(イワシ雲)

 

(うろこ雲)

 

(ひつじ雲)

理由その4:「太陽の光が強いため」

≫冬の空との違い

冬は日本海側は暑い雪雲に覆われますが、太平洋側は乾燥した天気が続きます。太平洋側のカラッと晴れた空も綺麗ですが、澄んだ青色の秋の空と比べると冬の空は青色が薄いようです。この理由として「太陽の傾き」があります。太陽の高さは秋に比べて冬は低い軌道ですので、届く太陽の光が弱くなります。反射の度合いが小さくなることから、冬の空は秋の空より輝きが弱く、秋と比べて青色が薄くなってしまいます。よって、秋の空が一番「真っ青で高い綺麗な空」となるのです。

(冬の空)

まとめ

秋の空が高くて澄んだ青空になるのは、

と、ちゃんとした根拠がありましたね。

スッキリ晴れた秋晴れの日には是非、空を見上げてみて下さい。明日もお天気でしょう。きっと。


コメント

タイトルとURLをコピーしました