【青森県弘前市におすすめの定食屋あり!】気配り主人が精魂込めて揚げた「天ぷら定食」をどうぞ

お天気っと食

四季折々の季節に合わせて美味しい食材や料理を頂くととても幸せな気分になりますよね。

素敵なお店のこの一品!今回は青森県弘前市の天ぷら定食屋です。

青森県弘前市は11月20日(水)に初雪が降ったと便りがありました。11月に入ると弘前も急に冷え込みます。弘前市の平均気温を見ても良く分かります。11月に入ると最低気温が1.8℃と凍えるような寒さですね。積雪も8cmと積もり始めます。

※1981年~2010年の平年値。データ:気象庁ホームページ

しょうたろうです。

雪の便りを聞くとアツアツ、サクサクの天ぷらを思い出します。主人の気配りも相まってカラダもココロも暖かくなります。弘前に行かれた際には味わって頂きたい一品です。

素敵なお店のこの一品

「天ぷら定食」

北東北、青森県弘前市です。東京都千代田区の神田神保町にある名店で修行をされた主人が1984年に弘前で開業されました。

しょうたろうは1980年代に学生として弘前で過ごしましたが、その時からお世話になっています。当時はカウンターのみの間口の狭い(失礼)お店でしたが、主人の子気味の良い仕草と気配りに感動したのものです。

カウンターに座るか座らないかのタイミングで「雑誌をどうぞ。お待ち頂きますから」と。座るとカウンターのお盆にお茶を出してくれるのですが、半分頂いたか頂かないかのタイミングで「失礼します。お茶お継ぎします。」

「お待ち頂きます。」と言っても雑誌をパラパラめくっていると、もう出来上がって運ばれてきますけどね(^^)

更に、頂き始めてからもほっこりです。てんぷら定食の付け合わせの漬物も半分になるかならないかのタイミングで「失礼します。漬物補充します。」と素早い動作でてんこ盛りです。

天ぷらを揚げる仕草、ご飯を盛るテンポ。全てが流れるような仕草で、アップテンポの曲を聴いているような気分でした。

もちろん、頂ける「天ぷら定食」も絶品です。カラッと揚げた天ぷらとアツアツのご飯が良く合います。甘辛い天つゆは東京神田仕込みです。味噌汁もダシが利いていて美味しいです。具材は、海老、いか、人参、南瓜、海苔の5種類です。

ゴールデンウィークに10数年ぶりに行きました。18年前から弘前市郊外に移転していますが、お店の雰囲気はあの時のままです。相変わらずアップテンポで味も変わらず美味しく頂きました。一瞬で30年以上昔にタイムスリップしてしまいましたね。

オススメのお店

「いもや」

 (青森県弘前市)

営業時間が、昼の部・夜の部4時間ずつとなっています。終了時間ギリギリですと暖簾が降ろされているかも知れません。時間に余裕を持って向かわれたほうが良いです。

お店の情報

住所と営業時間

  • 住所 青森県弘前市田町1-8-3
  • 営業時間 [火~日] 11:00~15:00 17:00~21:00
  • 定休日 月曜日(祝日の場合は営業)
  • 電話 0172-34-5229

その他のメニュー

東京の神田神保町「いもや」ではメニューにない「天丼」も頑なに提供し続けています。これも創業当時からの定番メニューです。もちろん、天丼も特製のタレが天ぷらとご飯に染みてとても美味しいです。

注)東京神田・神保町の「いもや」は2018年3月で閉店されたようです。

(天丼)

良いことがあった日は「海老天ぷら定食」にしましょう。いつもの天ぷら定食にエビが3本とボリュームアップ。「海老天丼」ももちろんてんこ盛りです。

(メニュー)

先日伺った時には新メニュー「海鮮天ぷら定食」と「海鮮天丼」が追加されていました。友人が「海鮮天丼」を注文しました。海老、帆立、蟹爪、茄子、かぼちゃ、海苔、春菊の7種類の天ぷらで美味しそうでしたよ。しょうたろうは、いつもの「天ぷら定食」でしたので次回頂きたいと思います。

(海鮮天丼)

余談

青森県弘前市は県の西側、津軽平野の真ん中にあります。日本海側なので雪が多い地域です。冒頭のグラフをご覧頂くとお分かりになりますが、2月には積雪が81cmにもなります。

そんな雪の多い都市にある「いもや」の入り口は二重になっています。暖簾は外側の入り口を入ったところ。埋もれないためと衣服に付いた雪を払うためだそうです。(弘前市の家屋は多くがこの二重の入り口です。雪国の大変さが分かりますね。初めて見た時にはびっくりしました)

(いもやの入り口)

弘前城の桜やリンゴが有名な青森県弘前市に是非行ってみてください。行かれた際には是非、お立ち寄り下さい。気に入って頂けたら嬉しいです。

(青森りんご)

あなたの「素敵なお店のこの一品」がありましたらご紹介下さいね。

食されましたら是非、空を見上げてみて下さい。明日もお天気でしょう。きっと。


コメント

タイトルとURLをコピーしました