【新宿におすすめの中華料理屋あり!】何でも有ります。本場の中国上海料理をディープな路地裏の隠れ家で

お天気っと食

四季折々の季節に合わせて美味しい食材や料理を頂くととても幸せな気分になりますよね。

素敵なお店のこの一品!今回は東京都新宿区歌舞伎町の中華料理屋です。

やっぱり今シーズンの冬は異常です。下記の予想天気図(2020年1月24日(金)9:00)をご覧下さい。1月とは思えない気圧配置と前線です。6月ごろの「梅雨」を思わせる停滞前線が日本の南岸を東西に横たわるようです。今週末から全国的に雲が多い天気となりそうです。

(2020年1月24日(金) 9:00の予想天気図)

春の時期に「梅雨」のような気圧配置になって天気が崩れることを「菜種梅雨(なたねづゆ)」と呼びます。菜の花が咲く3月下旬から4月上旬ごろに発生することからそう呼ばれるのですが、1月では「菜種梅雨」とは季節的に呼べないですよね。

太平洋高気圧が張り出してくるので、東日本や西日本では気温が高めになる傾向です。本来の「菜種梅雨」より2ヶ月も早いことになります。

 

しょうたろうです。

異常気象で暖かい日が多い今シーズンの冬です。

寒暖差が大きい状況が続いていますが、体調はいかがでしょうか?

そんな時は体調回復や寒さ対策に有効な「トウガラシ」の美味しい料理を食べて、カラダの中から元気になりましょう(^^)

 

素敵なお店のこの一品

「鶏肉のトウガラシ炒め」

大量のトウガラシに鶏肉が埋まっています。油でカリッと揚げたトウガラシのパリパリの食感に辛味が浸みた鶏肉が食欲をそそる美味しい一品です。

(鶏肉のトウガラシ炒め)

東京都新宿区「歌舞伎町」界隈の少々ディープな場所にありますが、料理は絶品です。狭い路地の奥にあり、正に隠れ家的なお店です。

このお店の凄いところは、美味しさはもちろんメニューの多さです。電話帳のような厚いメニューから選べます。本格的中華料理からこの食材食べられるの?と疑うような料理まで様々な上海料理が食べられます。本当にどの料理も美味しいです。

オススメのお店

「上海小吃(しゃんはいしゃおつう)」

 (東京都新宿区)

お店の情報

「上海小吃」は“上海の人たちが、いつも食べている物をそのままの調理法で”をモットーに調理をされています。本場の味が堪能できますよ。上海料理に加えて、四川、湖南料理も頂けます。 四川・湖南料理の最大の特徴は「麻(マー)と辣(ラー)」です。「麻」はしびれるような辛さ、「辣」は焼けるような辛さです。辛味好きな方は是非どうぞ。

「鶏肉のトウガラシ炒め」以外にも「ハマグリの甘辛炒め」を頂きました。ほとんどの方が「揚げパン」も一緒に頼みます。タレにつけて食べて下さい。絶品です。

(ハマグリの甘辛炒め)

(揚げパン)

珍しい料理もあります。日本ではゲテモノ料理として扱われるものも本場中国では人気の料理と紹介されています。

メニューを見ただけで「ちょっと。。」という料理もあります。友人は「セミの串焼き」を頼みましたが、しょうたろうは食べられませんでした。

(セミの串焼き)

「上海小吃」のホームページに写真付きで「メニュー」が確認出来ます。見るだけでも楽しいので、一度ご覧になってみて下さい。

お得なサービス

お得なサービスもあります。

35歳までの3人以上のグループは、飲み物(ビール・紹興酒以外)の持ち込みが自由となっています。是非、活用して下さいね。

ディープな界隈

東京都新宿区「歌舞伎町」に行かれた事がない方のために、道すがら写しました「ディープな界隈」の写真も載せておきます。迷われないように。分からなければお店に電話をすれば親切に教えてくれます。

(新宿歌舞伎町の入り口付近。人も多いです)

(歌舞伎町を少し進んだところ。ややディープな界隈です)

(この看板が目印です。ここから更にディープな路地裏に)

(ディープな路地裏。奥の明るいところがお店です)

機会があれば行ってみて下さい。気に入って頂けたら嬉しいです。あなたの「素敵なお店のこの一品」がありましたらご紹介下さいね。

食されましたら是非、空を見上げてみて下さい。明日もお天気でしょう。きっと。


コメント

タイトルとURLをコピーしました